★ハチの巣駆除 具体的な例 2016



コガタスズメバチ駆除具体例



11月14日(月)

お電話を頂きましたのは
大阪府枚方市在住の男性。

御自宅ベランダの軒下付近の壁に
スズメバチの巣があるのを最近
発見なさったということ。

巣の大きさは直径20cm程。

実は去年以前にも同ベランダにて
スズメバチに巣作りされたことがあり
その際は別業者様に駆除して頂いた
ということでした。

毎年のように巣作りされ、かなり
困った状況。

アシナガバチであればこのような
ケースは多々あることなのですが
スズメバチでは少し珍しいケース。

これは来年以降は必ず春先頃から
定期的にお客様ご自身でも予防策を
講じて頂くことが重要となりそうです。

そうしてハチが寄ってきたとしても
巣作りされにくい環境を徐々に構築
していくということです。

ご近所様との兼ね合いもあるという
ことですので迅速にご対応。

巣作りしていたのはコガタスズメバチ。

別箇所には以前に駆除したという
巣の痕跡がクッキリ。

しばらく様子を見ましたが巣へ
出入りするハチの姿はなし。

どうやら時期的にほぼ全てのハチ
たちが巣を飛び立ちこちらの巣は
活動終了しているようでした。

とりあえずはまだ内部に残党の
スズメバチがいることもありますので
しばらく薬剤注入。

安全を確認出来てから巣も撤去。

内部を確認しますとやはり全ての
ハチがおらず空っぽ状態。

完全に活動は終了していたようです。

念のため以前の蜂の巣の痕跡も
跡形なく完全に除去完了。

こういった根元の巣の素材のみでも
出来る限り全て除去しておくことが
重要なためです。

巣の大きさから判断しまして
もしも夏場後半にこちらへやって来て
巣作りしていたのであれば恐らく
新女王蜂が生まれており、それらは
冬眠の準備に入っていることでしょう。

一歩遅かったという感じですが
仕方がございませんので来年以降は
シーズン中は十分注意し定期的に
点検及び予防策を講じていくことが
必ず必要でございます。


スズメバチ駆除軒下



スズメバチの巣駆除軒下




その他のハチの巣駆除具体例



お電話はこちら


電話番号ボタン


このページの先頭へ